蓄電もできるエコ住宅とは

 太陽光発電は現在、急速に多くの家庭に普及しつつありますが、最近では、ただ太陽光で発電をするだけでなく、蓄電もできるシステムを搭載したエコ住宅が登場しています。
このエコ住宅の特徴は、太陽光発電システムだけでなく、リチウムイオン蓄電池も備え付けられていることです。
太陽光発電システムとリチウムイオン蓄電池を連携させることにより、この住宅では、朝と昼間は太陽光発電で発電をしながら、余った電力を蓄電池に貯めていくことができるようになっています。
朝、昼間にリチウムイオン蓄電池に蓄えた電力は、夜間に使うことができるようになっています。
さらに、万が一停電が発生したときには、コンセントの差し替えをすることなく、電気機器を使用できるようになっています。
これまで、太陽光発電で発電した電気を非常用として使うには、パワーコンディショナーに備え付けてあるコンセントに家電を接続する必要がありましたが、このエコ住宅の場合は、新築時にあらかじめ使いたい電気機器の回路設計をしておくことで、その電気機器をコンセントの差し替えなしで使うことができるようになっています。
このエコ住宅では、コンセント式でない照明器具も使うことができます。
災害時でない通常のときは、この住宅では、ライフスタイルに応じて数種類の発電・蓄電モードを選べるようになっています。
安価な夜間の電力で蓄電池の充電を行い、昼間それを使うというモードを選べば、電力使用のピークをずらすことができ、電気代の効率的な節約をすることが可能になります。
このモードでは太陽光発電に頼らない、無理のないピークシフトが実行できます。
昼間太陽光発電で発電した電力を蓄電池にためておき、夜間放出するというモードを選べば、クリーンなエネルギーを最大限に活用することができます。
また、リチウムイオン蓄電池への蓄電を優先するモードを選べば、万が一の停電や災害に備え、つねに蓄電池を満充電の状態で維持することも可能です。

get( 'keyword', 7 ) ?>
get( 'comment', 7 ) ?>