太陽光発電の補助を活用して、賢く太陽光発電を設置しましょう

住宅に太陽光発電を設置するのは、決して安い費用でできるとはいえません。
現在、住宅用の太陽光発電の設置費用の平均相場は220万円となっているからです。
しかし、この設置費用を安くできる制度があります。
それが、太陽光発電 補助 です。
太陽光発電を設置する際に、補助金を上手に活用しますと、普通に太陽光発電を設置するよりも費用を安くおさえられます。
補助金の申請をするには、一定の条件があります。
太陽光発電の補助金を申請できる人は、それを住居として使う建物に太陽光発電を設置する個人の人です。
この「個人」には、個人事業主も含まれます。
また、個人事業主の人が住居と店舗、事務所と兼用している建物に太陽光発電システムを設置する場合でも、補助金を受けとることができます。
また、対象として指定されている太陽光発電システムの購入者であることも、補助金をもらえる人の条件のひとつです。
電力会社と電灯契約を結んでいる本人であることも、補助金をもらうための必須条件となります。
アパートなどの賃貸の集合住宅の場合は、賃貸借契約書の写しを電力需給契約確認書に添えることで、その建物を所有しているオーナーに補助金の申請をしてもらうこともできます。
その他に、太陽光発電システムの補助金の申請をする条件には、システム設置をしたあとに、二酸化炭素の排出削減をする取り組みに参加し、協力することもあげられています。
どの程度の補助金をもらうことができるのか、という大まかな金額については、導入する予定の太陽光発電システムの最大出力を、補助金の情報サイトの専門フォームに入力するだけで計算することが可能です。
補助金の申請をすることができるのは、最大出力が10kW未満の太陽光発電を設置するという場合です。
また、補助金交付の上限は約35万円となっています。
太陽光発電システム設置に関わる補助金をもらう手続きは、自分で行うこともできますが、大抵は、設置工事を行う販売店や、行政書士などの専門家に依頼することで、その手続きを代行してもらえます。

get( 'keyword', 9 ) ?>
get( 'comment', 9 ) ?>